令和元年が始まったが…

昨日も書いたように、アトピー性皮膚炎の自然療法による「好転反応」に苦しんでいる。

自分の体の中で起きていることを、イメージする。

細胞のひとつひとつが、本来の力を取り戻し、体の中にある老廃物などを追い出してくれている。

この肌のボロボロ状態が、その何よりの証拠だ。

この寒気は、細胞が体内で熱を作っているせいだ。と、思うことにする。

この自然療法を始めてから、痛いのが当たり前だった背中から痛みが消えた。

平熱も、36度台から37度台に上昇している。

足ツボを触ってみても、痛い場所がない。

体に悪いことは、何ひとつしていない。

きっと良くなる。良くなってきている。

そう信じて、寝ることにする。

投稿者プロフィール

shoji
shoji
コピーライター/クリエイティブディレクター
詳しくはこちら