江崎禎英さんの『社会は変えられる』を読んで…

実は、「年金」よりも「国民皆保険制度」の方がはるかに深刻な状況にある。

そのことさえ、「なんとなくそうらしい…」程度にしか知らなかった自分が書くのもなんだが、この本を読んで感じたことについて、書きたいと思う。

「国民皆保険制度」が無くなったら絶対に困る。

6月に心臓の手術を受け、高額療養費制度の恩恵に与った身としては、切実にそう思う。

でも、このままでは、きっとダメなんだろうな…といった不安感に、

「ええ、あなたが考えているよりずっと深刻です」

と、次々に事実を突きつけながらも、後半で一筋の光を見せてくれるのが江崎禎英さんの『社会は変えられる』だ。

オモテ面

裏面

経産省の現役官僚である江崎さんは、わたしたちが今、何を間違えているのか。あるいは、気づかないふりをして知らん顔しているのか。その状況について説明を始める。

現在の社会保障制度の状況は、太平洋戦争の末期に似ています。

 

世界から奇跡と賞賛される「国民皆保険制度」という豪華客船が、沈没へと向かう今の様子は、あの戦争を思い起こさせると江崎さんは語る。

 

重厚な組織や体制ほど、行き着くところまで行かないと方向転換できないものです。

 

人は苦しくなると「思いもよらない奇跡が起こる」と信じたくなるものです。そうして“前向きに”逃げようとします。

 

ただ逃げて、状況を先送りしても、何も変わらない。

時代に合わなくなった制度は変えるべきだ。

これまでの常識の外に踏み出して考えよう!

と、訴えかける。

そもそも高齢者“対策”という言い方は、どうなのか?

これでは、まるで長生きすること自体が、「悪」のように感じてしまうではないか!

抗がん剤治療は、患者と家族を本当に幸せにしているのだろうか?

糖尿病治療をこのまま放置して、いったい誰が得をするのか?

「こんなこと書いちゃって大丈夫なの?」と、どこかハラハラするような事柄を、データをもとに冷静に語っていく。

そして言うのだ。

「おかしいことはおかしい!と、言わなければならない」と。

行政の仕事に携わる中で江崎さんは、次の3つのことを学んだと言う。

 

「おかしいことはおかしいと主張する」
「引きべきところは引く」
「信念を持って誠実に取り組めば必ず誰かが助けてくれる」

 

そうした、ひとりの「おかしい!」という言葉が、周りの人々を巻き込み、未来を変えてきたことが、江崎さんの取り組んできたいくつもの実例によって、紹介されていく。

 

岐阜県庁への出向時代、「多文化共生」の担当次長として、江崎さんが外国人問題に携わった時の話には、胸が熱くなった。

リーマンショックによって日本での職を失った多くのブラジル人を、彼らが望む「帰国」という形で救ったのだが、そこには、彼自身の揺るぎない信念があり、それによって心を動かされた人々の協力があった(最後の最後で待ち受けるアクシデントへの、ある担当者の対応はまさにドラマ!)。

また、東日本大震災が発生した際に、福島県被災者の受け入れに奔走した時の話では、涙が出てきた。

ここでも、江崎さんが追い詰められたときに、常識では考えられない、崇高な協力者が登場する!(涙)。

そして、最後には、何をどうすれば「社会は変えられる」のかが、具体的で現実的に書かれている。

江崎さんによれば、「イノベーション」とは、新たな技術を開発することではなく、私たち自身が「常識を変えること」だそうだ。

そして、経験則的に言って…

「信頼できる仲間が3人いれば、社会は変えられる!」

ということだ。

できない理由を探している場合ではないよな…。

投稿者プロフィール

shoji
shoji
コピーライター/クリエイティブディレクター
詳しくはこちら