熱意があれば年齢も立場も関係ない?

7月11日に行われる、『クラブヴォーバン』のセミナーに申し込んだ。

クラブヴォーバン』というのは、ドイツ・フライブルク市の“ヴォーバン住宅地” を模範に、日本国内で「持続可能な低炭素型のまちづくり」をめざす、あらゆる立場の人たちが学び集うためのネットワーク(場)だそうで、

このブログで以前紹介させていただいた本、「kWh=¥ 〜エネルギー価値の創造で人口減少を生き抜く〜」の著者である、あの村上敦さんが、他の方々と共に代表を務めているそうだ。(以前のブログは、これこれ

にもかかわらず、私は、この『クラブヴォーバン』の存在を最近まで知らなかった(すみません…)のだが、村上さんのFacebookで、あるセミナーの情報を発見。

しかも今回は、特別に会員以外の人でも参加可能、ということを知り、申し込ませていただいたわけだ。

テーマは、「非住宅建築における環境デザインの 現状とこれから」。

テーマはもちろんだが、組織のこと(メンバーや取り組みなど)を知れば知るほど、「建築関係でも、行政の関係でもない、一般人の自分が参加してもいいものなのか?」と、かなり不安になり、

応募メールにも「私は、建築関係でも、行政の関係でもない55歳の一般人ですが、大丈夫ですか?」(若者が来ると誤解させても申し訳ないので…)

と、書いてお送りしたところ、

「熱意があれば、年齢も立場も関係ないと思います!(笑)」

と、やさしいご返信をいただいたので、とりあえず参加してみようと思う。

当日、学んだ内容については、また、この場で…。

投稿者プロフィール

shoji
shoji
コピーライター/クリエイティブディレクター
詳しくはこちら